勉強方法

万が一の事を考えた高校1年からすべき大学(医学部)受験の勉強方法

私立医学部対策は1年からした方がいい

私立医学部を受験するための高校一年からできる勉強方法

 

ある高校3年生
ある高校3年生

評定平均が足りなくて私立医学部の推薦入試を受けることができない。
一般入試ではどう頑張っても受からないけどどうしよう。

 

といった悩みに当サイト(数がく部)の管理人でありある医学部受験予備校の看板講師講師のuheiがお答えします。

成績が低い状態で高校3年になってから医学部受験の予備校に来る人が割といますがそういう人はほぼ100%浪人になります。 

そうならないように1年生からできる受験に向けた勉強について説明します。

塾に行っても担当の先生は聞かないと教えてくれない人が多かったり教えてくれない人もいます。

授業の雰囲気で勉強しないといけないのを伝えたいのかもしれませんが。

本当はそれではいけないんです、医学部受験のきつさは医学部じゃない受験のきつさの10倍はあるので。

現在高校1、2年生で大学は私立医学部に入りたいと思っているけど最低限どんな勉強をしないといけないか分からない人に見て欲しいです。

何もしてなく「3年になってから勉強すればいいか〜」とか思っている場合じゃないですよ、大学に入ることができなくなるかもしれません。

私立医学部に入りたい場合は絶対に1年から勉強が必要になります。

この記事を読む事で分かる内容

高校1、2年生からしないといけない受験に向けた対策

 

対象となる人

高校1、2年生で現在勉強を何もしていない人

それでは説明します。

 

3年になった時に後悔しないように評定平均を絶対に上げないといけない。

高校1、2年は定期テストで点を取って評定平均をあげましょう。

何で?」って思うかもしれませんが理由は↓です。

1、2年の時は大学は推薦で行かないと思っていても3年になったら行きたい大学に対して推薦じゃないと入れない状況になるかもしれません。 

こういう人は結構います、医師の子供ほどです。

そして3年になって評定平均が足りなくて推薦入試を受けることができなくなって手遅れになる人がいます。

 

推薦入試と一般入試は難易度が違いすぎる

私立医学部だと推薦と一般では階段で1段目と50段目の高さにいる位問題の難易度に差があり医学部は本当に受かりにくいです。

こう言って受かりにくさが伝わりにくいかもしれませんが現役生で私立医学部に受かる人ってごく一部です。

 

現役生で受かる人はそういない

医学部受験予備校で7年位働いていますが私の生徒で現役生で受かった人は1割いないです。

一般入試に現役生で受かるのは中高一貫で中学生の時から医学部を意識して勉強したか中高一貫じゃない高校の人は一年生の時から高校三年生並みの勉強をした人です。

こういう生徒は親が医学部受験の大変さを子供に言っていて子供がそれを理解できている場合です。

 

一般入試では100%受かるはずがないけど推薦入試で受かった現役生

ある年に実際私の生徒で浪人になったら3浪はするだろうもしくは医学部を諦めるだろうという生徒が2人いました。

評定平均は高かったので推薦で受かり現役で私立医学部に入っています。

1人は入試前の授業で説明した問題が入試でたまたまそのまま出てラッキーで受かりました。

指定校推薦は落ちて一般推薦で受かったらしいですが受かった生徒が言うには恐らく数学が効いていたそうです。

こういうタイプは非常にまれですが受かったから勝ち組です。

もう一人は推薦なら受かるかもしれない生徒で推薦で受かりました。

私立医学部は浪人でも推薦入試を受けることができる所があるので評定平均を上げるのは必須です。

ただこういう生徒は大学で留年する可能性が高くなるので必死に勉強しないといけなくなります。

ラッキーで受かった人は勉強をちゃんとしてないはずなので恐らく留年しています

 

変なプライドは捨てた方がいい

「推薦で大学に入りたくない」とかいう変なプライドを持った生徒がたまにいますがそんなプライド捨てるべきです。

1、2年生の授業ではこれを言うのですが分からないみたいで3年になって手遅れで3浪4浪となっていき医学部を諦める人をよく見ます。

医学部受験予備校に使った大量のお金と受験に使った時間が無駄ですよね。

浪人しても推薦で受ける事ができる大学があるので合格の可能性を上げるために何が何でも評定平均だけは上げた方がいいです。

浪人になると医学部受験予備校は年間授業料が500万は普通にかかります。(高いと1000万とかある)

これで何浪もして結局医学部を諦めるなら「最初から他の学部に行けば良かったのに」という生徒を毎年見ます。

 

必死に勉強して定期テストの点数が上がらない人は早々と私立医学部は諦めた方が幸せ

ときーどきいるのですが一生懸命勉強して定期テストでギリギリ平均点の人がいます。

こういう人は残念ながら医学部は諦めた方がいいです。

予備校業界に入った時は「こういう生徒も受からせたい」という気持ちでいっぱいでしたが今は「何をやっても無駄だな」と思います。

実際どんなことをしても受かりませんでした。

だから医学部は「選ばれた人間が行く所なんだな〜」ってつくづく思います。

医学部を諦めた方がいいのはこういう人ということについて以前記事を投稿していますのでよかったらご覧ください。

何浪しても私立医学部に絶対に入ることができない人の特徴
予備校講師から見た何浪しても私立医学部に絶対に受からない人の特徴私立医学部に何浪しても絶対に受からない人がいる 私立医学部ですが近年異常に人気があります。 以前は親が医師なので子供も意...
次は3年になった時の備えについてです。
1 2