大阪医科大学

2020年度大阪医科大学の2回目の数学はこれが本来の姿なのか

2020年度の大阪医科大学の後期の数学を解説

 

2020年度の大阪医科大学医学部の後期の1次試験が終わった。
むず、、
他の受験生は問題をどれ位解けたんだろう?
誰か説明して欲しい。

 

といった疑問に当サイト(数がく部)の管理人uheiがお答えします。

2020年度の大阪医科大学医学部後期の1次試験が終わりました。

ネットを探すと総評を解説するサイトはあります。

でも問題に関してどうだった、どこの大学で類題が出題されたみたいのを解説するサイトはそうないですよね。

だからこのサイトで説明します。

2021年度の大阪医科大学医学部を受ける人の参考になればと思います。

この記事を読む事で分かる内容

2020年度の大阪医科大学医学部の問題について

 

対象となる人

2021年度の大阪医科大学医学部を受験する可能性がある人

それでは説明します。

 

大問1

2020年度の大阪医科大学の後期の数学を解説

簡単でこれが解けないと落ちます。

 

大問2

2020年度の大阪医科大学の後期の数学を解説

\((2)\)は↓の図の様に\(S_1とS_2\)に分割しないと時間がかかりすぎるか解けないと思います。

2020年度の大阪医科大学の後期の数学を解説

 

大問3

2020年度の大阪医科大学の後期の数学を解説

滅多に出題されない連続性と微分可能性で私立医学部ではほぼ出題されていないと思います。

国立大学を受けた人は問題ないと思いますが私立しか受けてない人には「えっ!?」ってなったかもしれないです。

\((1)\)は\(y=f(x)\)は\(x=0\)で連続の定義を使います、↓です。

\(\displaystyle \lim_{ x \to +0 } f(x) = \lim_{ x \to -0 } f(x)=f(0)\)

\((2)\)は\(y=f(x)\)は\(x=0\)で微分可能の定義を使います、↓です。

\(\displaystyle \lim_{ x \to +0 } \frac{f(x)-f(0)}{x-0} = α\)
\(\displaystyle \lim_{ x \to -0 } \frac{f(x)-f(0)}{x-0} = β\)
の時α=β

この大問で差がつくかもしれません。

 

大問4

2020年度の大阪医科大学の後期の数学を解説

難しいです、パッとは解けなく私立だけを受験する人には嫌な問題だと思います。

 

大問5

2020年度の大阪医科大学の後期の数学を解説

問題文から図を書いて解きますが問題の意味が分からなくて図を書くことができないかもしれません。

試験時間的に途中で終わると思います。

 

次は問題の総評です。
1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です