その他

2020年度の入試がほぼ終わっての感想と私立医学部受験情報を解説

2020年度の入試がほぼ終わっての感想と私立医学部受験情報を解説

 

2020年度の私立医学部の入試の数学は異常でびっくりした。

今回の解説は私が勝手に思っているだけです。

2020年度の私立医学部の入試が終わりました。

今年はセンター試験が実施される最後の年でそれに合わせたのか2019年度の私立医学部の不正入試の影響か分からないですが数学の問題難易度が大きく変わりました。

問題が難しいはずの大学の難易度が大きく下がる所が多くある印象でした、現役生はラッキーで学力的に微妙だけど受かった人もいます。

私立医学部の入試って受験前は絶対にどこも受からないと思ったけどいざ入試を受けると受かる人がいるので何が起こるか分からないです。

私立医学部は受験的に本当に特殊な試験です。

 

難易度の下がり方が変、川崎医科大学の真似をした?

めちゃくちゃな問題にするはずの杏林大学の問題とか「何これ?」みたいな感じの簡単な難易度でした、ずーっと同じ位の難易度を保っていたのにいきなりでした。

問題が難しいはずの大学が難易度を下げるからびっくりなんです。

川崎医科大学は2018年度の入試からいち早く問題難易度を下げましたが他の大学がマネをしたのかもしれないです。

 

私立医学部は今後現役生を重視するかもしれない。

この現象は恐らく今後色んな大学で現役生重視になるからだと思います。

現役生を重視する理由はあとで説明します。

 

医師の飽和?

それと私の勝手な想像ですが少子化と医師が飽和していくのに世の中の人が気がつきだしたからだと思います。

現在で経営難で潰れている病院があるのを医師の子供の生徒から聞いています。

病院の科によっては医師が多すぎるというのも医師の子供の生徒から聞いてこれが原因かもしれません。

 

医師にならない方がいいと言う人もいる

親が医師の生徒の中には親が「医師なんか何がいいの?儲からないのに。医師はブラック職業」と言う人もいる位です。

親の体調を話してくれる生徒もいましたが「疲れで耳の聞こえが悪くなった」という人がいて「過酷な職業なんだな〜」と思いました。

医師の仕事が末期状態になろうとしているという事について記事を書いていますが読めばいかにマズいかが分かります。

親が医師でない家庭の子供ほど「医師は儲かる」みたいに思っていますが大きな間違いです。

医師は儲からないからならない方がいい
医師は収入が多いと思って私立医学部に行かない方がいい というのを生徒からよく聞きますがもうかるという考え方は間違っていることを当サイト(数がく部)の管理人であ...

 

もしかしたら私立医学部の問題難易度が昔みたいになるかもしれない。

医学部受験の予備校に関しては都市部でも潰れる所が出ています。

私が住んでいる地域だと予備校自体が減っていて仕事がないので他の先生たちは必死になって仕事を探しています。

 

私立医学部に行こうとする人が減ってるかも

だから地域によっては医学部に行きたい人が減っているのかもしれません。

どこの地域の受験者がどれ位いるかとか受験生は分からないですが大学側は分かるので生徒獲得の為に対策を取らないといけなくなります。

医学部に行きたい人が大幅に減るのが都市部になったら問題難易度を30年前みたいにめっちゃ簡単にする可能性があります。

 

現役生を多く取って大学の国家試験の合格率を上げたいのかも

なるべく現役生を取り大学の国家試験合格率を上げて大学に入る人を維持して大学を存続させようとするのではないかと思っています。

以前テレビで見た事があるのですが大学の問題の難易度は下げる事ができるけど授業料は下げる事ができないらしいです。

だから少子化の影響で経営難になって潰れる大学が出るはずで食い止めたいはずです。

あと10年後には国立大学でさえ潰れると言われています。

 

多浪の人は私立医学部の受験を諦めるか早く終わらせた方がいい。

今の段階で4浪とかの人は相当危険です、いつから多浪は一切お断りの大学が出るか分からないので2021年度の入試で受験は終わらせましょう。

生徒に言っても聞かないのですが4浪して偏差値が60を越えてなかったら私立医学部はいつまで勉強しても絶対に受からないです。

一生懸命勉強して2浪すれば大体偏差値は60を超えるはずでそれができないなら勉強の才能がないし仮に大学に入れても国家試験に受からないです。

 

過去にいた超多浪でやっと私立医学部に入った生徒

私の過去の生徒で7浪人して偏差値が50位で親が私立医学部の偉い人なので○○入学をしましたが恐らく卒業できないです。

大学の先輩たちから「あいつは卒業できない」と言われているらしいです。

性格がいい人だったから私は何も言いませんでした。

だからどうしても医師にならないといけないならしょうがないですがそうでなければ医師は諦めた方がいいです。

 

そういう人が医師になって仕事がなくなった時が悲惨

親が医師の生徒によると医師の仕事は先でごっそり減ると言われています。

超多浪だとやっと大学に入って卒業して医師になって仕事がなくなった時に他の仕事ができないと思います。

恐らく医師にこだわるはずです。

そして生活が苦しくなるかもしれないのでそうなる位なら医学部は止めて他の学部に入り仕事をした方がいいと思います。

説明を終わります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です