昭和大学医学部

2020年度の昭和大学医学部I期の数学は去年より簡単かも?

2020年度の昭和大学医学部の数学を解説

 

昭和大学医学部を受けた受験生
昭和大学医学部を受けた受験生

2020年度の昭和大学医学部のⅠ期の1次試験が終わった。
解きやすかった気が。
他の受験生は問題をどれ位解けたんだろう?
誰か説明して欲しい。

 

といった疑問に当サイト(数がく部)の管理人uheiがお答えします。

2020年度の昭和大学医学部のⅠ期の1次試験が終わりました。

ネットを探すと総評を解説するサイトはあります。

でも問題に関してどうだった、どこの大学で類題が出題されたみたいのを解説するサイトはそうないですよね。

だからこのサイトで説明します。

2021年度の昭和大学医学部を受ける人の参考になればと思います。

この記事を読む事で分かる内容

2020年度の昭和大学医学部の問題について

 

対象となる人

2021年度の昭和大学医学部を受験する可能性がある人

それでは説明します。

 

大問1

 

2020年度の昭和大学医学部の数学を解説

(1)と(2)と(3)は簡単だと思います。

(4)は考えて解く問題で難し目ですが昭和大学を受けることができる学力がある人なら解けるでしょう。

 

大問2

 

2020年度の昭和大学医学部の数学を解説

(1)は解答不能問題です。

(2)は「漸化式とは何か、どういう式の形になったら一般項を求めることができるか」を知っていれば解くことができます。

これに関して以前記事を投稿していますのでよかったらご覧ください。

漸化式とは何か
数学Bの数列の漸化式のパターンの解法と漸化式とは何かを知れば完璧 数学Bの数列の漸化式のパターンと漸化式とは何かを解説する記事 といった悩みに当サイト(数がく部)の管理人で...

 

大問3

 

2020年度の昭和大学医学部の数学を解説

簡単です。

ただ計算するだけです。

 

大問4

 

2020年度の昭和大学医学部の数学を解説

(1)は簡単です。

(2)は\(\displaystyle \int_{1928 }^{ 2020 } f(x) dx\)=\(\displaystyle \int_{1928 }^{ 1929 } f(x) dx\)+\(\displaystyle \int_{1929 }^{ 1930 } f(x) dx\)+・・・+\(\displaystyle \int_{2019 }^{ 2020 } f(x) dx\)=\(\displaystyle \sum_{ i = 1929 }^{ 2020 } \int_{i-1 }^{ i } f(x)dx\)と式変形するのがポイントです。

\(\displaystyle \int\)から\(\displaystyle \sum\int\)に切り替えるのを時々見ます。

知っていれば難しくないです。

(3)ですが\(\sqrt{ \mathstrut x } + \sqrt{ \mathstrut y }\)=1の変則系です。

\(\sqrt{ \mathstrut x } + \sqrt{ \mathstrut y }\)=1・・・①はアステロイドではないですがグラフの形がアステロイドの\(x\)≧0と\(y\)≧0の部分です。

アステロイドのグラフは↓です。

2020年度の昭和大学医学部の数学を解説

①は\(\sqrt{ \mathstrut x } \)と\(\sqrt{ \mathstrut y }\)があるので\(x\)≧0と\(y\)≧0ですが\(\sqrt{ \mathstrut \frac{x}{7} } + \sqrt[ 3 ]{ \frac{y}{2} }\)=1・・・②は\( \sqrt[ 3 ]{ \frac{y}{2} }\)なのでyの符号は関係なくなります。

①は時々見るのでグラフの形を覚えておいた方がいいです。

①と②ですがグラフの形を考える時に絶対に微分してはいけません。

試験時間が足りなくなります。

 

次は問題の総評です。
1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です