昭和大学医学部

2020年度昭和大学Ⅱ期の数学はⅠ期よりも解きやすいと思う

昭和大学医学部Ⅱ期の数学を解説

 

昭和大学医学部を受けた受験生
昭和大学医学部を受けた受験生

2020年度の昭和大学医学部のⅡ期の1次試験が終わった。
解きやすかった気が。
他の受験生は問題をどれ位解けたんだろう?
誰か説明して欲しい。

 

といった疑問に当サイト(数がく部)の管理人uheiがお答えします。

2020年度の昭和大学医学部のⅡ期の1次試験が終わりました。

ネットを探すと総評を解説するサイトはあります。

でも問題に関してどうだった、どこの大学で類題が出題されたみたいのを解説するサイトはそうないですよね。

だからこのサイトで説明します。

2021年度の昭和大学医学部を受ける人の参考になればと思います。

この記事を読む事で分かる内容

2020年度の昭和大学医学部の問題について

 

対象となる人

2021年度の昭和大学医学部を受験する可能性がある人

それでは説明します。

 

大問1

2020年度昭和大学Ⅱ期の数学を解説

\((1)\)簡単です。

\((2)\)標準的ですが平面幾何特有の気がつかないといけないことがあります。

私立医学部だけを受験する人は予備校であまり扱われない問題なので\((2-2)\)は捨てるかもしれないです。

 

大問2

2020年度昭和大学Ⅱ期の数学を解説

\((1)\)簡単です。

\((2)\)\(x^2+x+1\)で割った時の余りを求めるので↓を意識しないといけなくこれを使って解きます。

\(x^3=1\)の虚数解の1つをωとするとき\(ω^3=1,ω^2+ω+1=0\)が成り立つ。

\((3)\)\(x^3-x^2-x-1=0・・・①\)の解が\(α,β,γ\)なので\(①\)を因数分解すると
\(x^3-x^2-x-1=(x-α)(x-β)(x-γ)\)
\(x=2\)を代入して\(2^3-2^2-2-1=(2-α)(2-β)(2-γ)\)とします。

整式の解が与えられている時因数分解するのは時々あるので覚えておいた方がよくこれを使って問題を解いていきます。

 

大問3

2020年度昭和大学Ⅱ期の数学を解説\((1)\)\(sin^3θ+cos^3θ=\frac{11}{16}\)
\((sinθ+cosθ)(sin^2θ+sinθcosθ+cos^2θ)\)
\(=\frac{11}{16}\)
\((sinθ+cosθ)(1+sinθcosθ)=\frac{11}{16}・・・①\)

この式は対称式になっているので\(sinθ+conθ=t\)と置いて\(①\)を\(t\)の式で表して解きます、2020年度は2つの私立医大で出題されていたと思います。

\((2)\)\(x-4=cosθ,y-3=sinθ\)とおいて\(\overline{ AP^2 }+\overline{ BP^2 }\)を\(θ\)で表して考えます。

\((3)\)\((3-1)\)は簡単です。

\((3-2)\)の期待値は数学Bの確率分布にあり授業で習っていない受験生が多いはずなので解かない人が多い気がします。

だから「解けなくても合否に影響しないのでは?」と思っています。

 

大問4

2020年度昭和大学Ⅱ期の数学を解説

\((1)\)簡単です。

\((2)\)変数を決めて解くだけなので簡単です。

\((3)\)積分すれば図示するための式を求める事ができるので簡単です。

 

次は問題の総評です。
1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です