大学別対策

愛知医科大学(医学部)の数学はこの記事を見れば対策できる!

愛知医科大学の数学対策

 

 

愛知医科大学の受験生
愛知医科大学の受験生

愛知医科大学医学部の対策はどうしよう?
ネットで調べても表面的なことしか書かれてなくてどう対策をすればいいんだろう。
誰か対策方法を教えてくれないかな?

 

といったの疑問に当サイト(数がく部)の管理人uheiがお答えします。

医学部受験予備校に行ってなかったら表向きの情報しかネットにはないので対策のしようがないですよね。

医学部受験予備校に行ってても授業だけをして情報を教えてくれない先生もいますが。

情報は少しでも多い方がいいので愛知医科大学の対策方法の説明を私なりにします。

 

愛知医科大学の受験生
愛知医科大学の受験生
できるだけ細かく教えて欲しいです。

 

私が普段の授業で生徒に伝えている情報を全て説明します。

 

愛知医科大学の受験生
愛知医科大学の受験生
助かります。
友達と情報を探してたけど見つからなくて困ってたので説明して下さい。

 

この記事を読むことでわかる内容

・問題構成
・現在の難易度と来年の難易度の予想
・どういう対策の仕方をすればいいか
・得点率
・浪人に寛容か?
・どの順番に解くかと時間配分
・解答の書き方
・どこの大学の過去問を使って練習するか?
・医学部受験予備校に行かないと知ることができない情報

 

対象となる人

愛知医科大学を受験する人

それでは説明します。

 

愛知医科大学の問題構成

 

愛知医科大学の問題構成
満点150点
大問数2014、2015年:5題

2016年、2017年:4題

2018年、2019年:3題

試験時間2014、2015年:100分

2016年〜:80分

解答形式2014、2015、2016年:全部記述

2017年〜:答えだけを書く問題と記述

大問の中の問題数変動

 

問題の特徴

愛知医科大学の特徴2014年〜2016年と2017年〜2019年で問題の傾向が変わっているので問題作成者が変わっていると思います。

それか問題作成者はずっと同じで何年ごとかに問題の感じを変えているかもしれません。

まず2014年〜2016年の説明からします。

2014年、2015年大問1、2、3、4、5で全部が記述
2016年、2017年大問1、2、3、4で全部が記述

2017年〜2019年と比べて難しいです、ガッチリ考えないと解けない問題が結構あります。

時間が足りないので途中まで解いて次の大問に移らないといけない時があったはずです、、

全科目合計の合格最低点は↓の通りです。

2013年55%
2014年61%
2015年61%
2016年52%
2017年57%
2018年61%
2019年52%

解けないといけない問題があるのですがそれを解ければ合格点になるはずです。

捨ててもいい問題は明らかに「これは解くのが無理じゃ」って思う問題です。

次に2018年、2019年の問題の説明をします。

大問1が小問集合で大問2、3が記述です。

黄色チャートのEXERCISE、Focus Goldなら星4(一部解けなくてもいい問題がある)までバッチリ解ければ問題なく合格点が取れます。

凄く考えないといけない問題が少ないと思います。

 

愛知医科大学の受験生
愛知医科大学の受験生
でも思考力が問われる問題なんですね!

 

大問2、3の記述に部分点はあるはずですが採点者の判断に任せると採点に時間がかかり過ぎるのでここまで合ってたら何点みたいな採点の基準があるはずです。

解答用紙の式変形を細かく見ると時間がかかるのでそこまで細かく見てないはずです。

 

愛知医科大学の受験生
愛知医科大学の受験生
採点方法が何か雑、、

 

過去の問題を見て思ったのは解き方が知られているけど最近どこの大学でも見てないのを一回だけ復活させてもう出ない問題があるということです。

例えばこれです↓

整式の問題(愛知医科大学2015 大問1)

愛知医科大学の整式

生徒に何となくこの問題が出ると言ったのですが的中しました。

 

問題を解く時に考える練習をしないといけないのですがFocus Goldがお勧めです。

問題集に関しての説明は以前記事にしていますのでそれをご覧下さい。

9月以降に使う参考書
医学部受験予備校講師が真剣に考えた大学受験の数学の演習用の参考書 といった疑問に当サイト(数がく部)の管理人でありある医学部受験予備校の看板講師講師のuheiがお答えしま...

 

次は2019年の問題の難易度の分析です。

1 2 3 4 5

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です