勉強方法

大学受験の高校数学の参考書チョイスは使う価値があるか厳しく評価

大学受験におすすめの参考書チョイスを説明

チョイスは有名だけど使わない方がいい人もいる

 

チョイスを買おうか悩んでいる受験生
チョイスを買おうか悩んでいる受験生
問題集のチョイスがあるけどいい参考書なのかな?
難易度はどうなんだろう?
解説は詳しいのかな?
演習はいっぱいできるのかな?

 

といった疑問に当サイト(数がく部)の管理人であり医学部受験予備校講師のuheiがお答えします。

問題集って生徒が本屋で読んでも受験に向いてる、使いやすいとかって分からないですよね。

授業する側の私は分かるのでチョイスⅠA、Ⅱ、B、Ⅲとありますが私なりのレビューをします。

買う時の参考にしてもらえたら嬉しいです。

チョイスは医学部、そうじゃない学部の両方に対応できる物とできない物がありますが説明を読めばはっきり分かります。

この記事を読む事で分かる内容

チョイスのレビュー

 

対象となる人

チョイスを使おうか迷っている人

他の参考書についての説明の記事を投稿しているのですがそれもおすすめです。

9月以降に使う参考書
医学部受験予備校講師が真剣に考えた大学受験の数学の演習用の参考書 といった疑問に当サイト(数がく部)の管理人でありある医学部受験予備校の看板講師講師のuheiがお答えしま...

それでは説明します。

 

チョイスⅠA は黄色チャートで代用可能。

難易度は?問題構成は?

一番難しい問題で黄色チャートのコンパス3と4の間位でそんなに難しくないと思います。

A問題とB問題がありますがB問題はA問題より少しだけ難しい感じです。

問題集は作った人が何をさせたいかの考えがあるのですが恐らくただ全体的に問題を解かせたかったのだと思います。

 

「これはまずいでしょ」と思うこと

問題の構成は旧課程のままで二項定理が入っているのとデータの分析がありません。

改訂版が出版されているのでそれは入っているかもしれません。

条件付き確率は入っていますが必要ない問題が入っていて平面幾何は「こんなの絶対に思い付かない」と思える問題がいっぱいあります。

ほとんどの問題の解答に考え方があり解答は理解できる書き方だと思います。

全体的な分野で問題量が少ないのでこれ一冊でⅠA の範囲の演習は大丈夫とは言えなく他の問題集も必要になります。

 

入試に必要な問題の網羅性はある?

知ってないと受験で困る解き方の網羅性はないです、「何でこの問題はないんだろう?」と思うことがあります。

偏差値が50を超えていたらこれを使うのではなくチャートで勉強した方がいいです。

次はチョイスⅡです。
1 2 3 4 5

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です