その他

医師は収入が多いと思って私立医学部に行かない方がいい、後悔する。

医師は儲からないからならない方がいい

医師は儲かるからお金が異常に高い私立医学部に入っても大丈夫とは思ってはダメ

 

私立医学部を受験しようか迷う受験生
私立医学部を受験しようか迷う受験生
医師って収入がよさそう。
医学部を受けようかな。
でも万が一落ちたら浪人になる。
医学部受験予備校は学費がすごいって聞くけど。
でも医師になったらお金を返せそう。

 

というのを生徒からよく聞きますがもうかるという考え方は間違っていることを当サイト(数がく部)の管理人でありある医学部受験予備校の看板講師講師のuheiが説明します。

親が病院をしていて継がないといけなかったりどうしても医師になりたいという素晴らしい心の人はぜひなって欲しいです。

そういう人が医師になるのは問題ないのですが何となく医師は給料がいいから私立でもいいので医学部に行こうと思う人はあとで後悔することになるので絶対やめた方がいいです。

なぜ止めたほうがいいかの説明をしますので医師になるまでにかかる費用と医師になってからの収入について知らない人にこの記事を見て欲しいです。

今の医師の状況を知らないで医学部に入ってしまうと卒業してからとんでもない人生が待っています。

私の感じでは親が医師ではない生徒はほとんどの人が知りません、儲かるという先入観が異常にあります。

この記事を読むことで分かる内容
  • 私立医学部の難易度
  • 医学部専門予備校、私立医大の学費
  • 勤務医の給料
  • 医師の今後

 

対象となる人

医師は給料が高いから私立医学部なら受かると思って受験しようか迷っている人

それでは説明します。

 

私立医学部の入試問題は異常なまでに難しいのと見えない力が働く。

医学部は難しい現在医学部が人気ですが人気の理由として給料が高いことだと思います。

国立だと試験科目が多くてきついけど私立なら英、数、理科の4科目なのでなんとかなると思う人がいるのですが大きな間違いです。

 

「問題が難しいのと大学によって癖が違いすぎる」よりもキツいことがある

20年くらい前なら私立はどこも簡単でしたが今は国立に負けないくらい難しくて地方国立の医学部より難しい所が普通にあります。 

問題が難しいだけならいいんです、勉強すればその内どうにかなります。

でもそれ以上にキツいことがあります。

去年問題になりましたが大学の不正があったり浪人すると不利になったり見えない力が働くので実力があっても受からないことがよくあります。

福岡大学や金沢医科大学の推薦入試とか怪しいです。

〇〇があっているのを生徒から聞いています。

今はどうか分かりませんが数年前に生徒から話を聞いた時は「開業医で〜万円あればラッキーみたいな」感じのことを聞きました。(話を少しぼかしてます)

それを聞いて「酷いな〜、ないな〜」って思いました。

2020年度の福岡大学の推薦入試について以前記事を投稿していますので良かったらご覧ください。

「今年も相変わらず〇〇しているのでは?」と思ってしまいます。

2020年福岡大学医学部推薦入試
2020年度の福岡大学医学部医学科の推薦入試の難易度は高すぎる 2020年度の福岡大学医学部医学科の推薦入試について解説 2020年度の福岡大学の推薦入試が終わりました。...

「でも浪人して勉強すればその内受かるかも」と思う人もいるかもしれないですがリスクがあるのでその説明をします。

 

医学部受験予備校、私立医学部は授業料が以上に高い

医学部に裏口入学医学部受験予備校は医学部専門じゃない予備校と比べて授業料が異常です。

1年で1千万近くかかる所もあります、2年になったら2千万になります。

(こんなに高額なのに金額に見合ってない授業をする所が予備校によってはあります)

とある地域のとある場所に詐欺医学部受験予備校があるのですがそこについて記事を投稿していますが酷い状況です。

福岡の詐欺医学部受験予備校
ある地域の絶対行ってはいけない倒産寸前の詐欺医学部受験予備校都市部にある医学部受験予備校で倒産寸前の所があるから注意 当サイト(数がく部)の管理人uheiの友達の先生が働いている予備校の...

 

「じゃあ大手の予備校に行けば安心じゃ?」って思うけどそれは危険

じゃあ授業料が下がる大手の予備校に行けばいいでしょと思うかもしれませんが大手の授業だと私立医学部に対応できません

私立医学部は国立の記述対策の勉強をするだけでは対応できないからです。

大学によって問題の癖が細かく違うので少人数か個別授業じゃないと対応できません。

医学部受験予備校で大人数授業をする所はほとんどないです。

だから少人数授業か個別授業の医学部受験予備校に行かないといけなくなります。

 

面接対策をしない予備校もある

それとある大手の予備校のある校舎では面接対策をせずDVDを見せられただけだったというのを過去の生徒から聞いています。

面接対策をせずに受験するのは外が吹雪なのに防寒を全くせずに歩くのと同じです。

その内凍死するかもしれないですよね?受験が完全に失敗します。

大学に現役生で入れても大学を卒業するまでにかかるお金が3000万円とかするのですが高すぎです。

予備校や大学でお金がかかっても大学を卒業してから収入で返せばいいと思う人もいるかもしれないですがそう上手く行かないことの説明をします。

 

医師は他の職業に比べれば給料が高く見えるが時給にすれば学生のバイトの方が高い

医師は給料が安い私の生徒の中に医師は楽して稼げるって言う人が時々いますが大きな間違いです、凄く大変で仕事量の割に給料が低いです。

以前いた生徒で「医師は注射するだけで大儲け」みたいに言うバカがいましたがびっくり発言でした、親が医師でしたが何も教えてもらえなかったのでしょう。

まともな医学部受験予備校の責任者の方と話をしたことがありますが産業医科大学の医師は重労働で月給60万とからしいです。 

金額だけ見たら高いですが働く時間が桁違いなので時給にしたら学生のバイトの方がいいそうです。

保護者が医師の生徒さんが自分の親の給料の話をしてくれたのですが病院の副院長でバイトもして月に100万いかない位だそうです。

 

現実を知って医師になるのを辞める人がいる

大学に入るのに相当苦労して大学に入って国家試験に突破するのに凄く苦労して大学を卒業して研修医の段階で医師になるのを辞める人がいるそうです。

研修医は給料が酷いのと睡眠時間的にもううんざりになるのかもしれません。

医師の給料の低さを知って幻滅して辞めていく人も中にはいると思います。

医師になるのを辞めたら一般家庭の生徒は今までかかったお金はどうするんだろう?ってなりますね。

大学卒業するまでにかかったお金が3000万円として返済にかかる期間を計算します。

月給60万はそのまま支給されないですが支給されたとして60万全部を借金の返済に当てて年間720万返せます。

そうするとざっくり計算して4年かかりますが給料全部を借金の返済に当てる人はいるはずないし毎月10万とかだと思います。

そうすると年間120万返済になり25年はかかることになります。 

 

過去の生徒の発言

以前親が大きな病院の子供が生徒にいて「今はそんなに儲からないから私立に行くけど親に大学のお金を返すのに何十年かかけます」と言ってました。

医師の子供で時間がかかるので一般家庭の生徒だったら余計時間がかかるはずなので私立医学部に行くのは勧めません。

医師になるのを勧めない理由が他にもあるので見て欲しいです。

私の中ではこれが医師を勧めない決定的理由です。

 

次のページで決定的な理由を説明します。
1 2

POSTED COMMENT

  1. 右野たぬき より:

    医学部の偏差値が本格的に上がったのは、1998年から始まったデフレ不況からです。1989年のバブル崩壊から景気が悪くなり、そこから医学部の難易度は少しずつ上がりましたが。
    1980年代の私立医学部は普通に偏差値40台、50台のところが多かったみたいです。
    あの頃はバブルで景気が良かったですからね。
    デフレ不況で先行きが不安定なら、高収入で安定した職業に人気が集まりますよ。

    • uhei より:

      昔の私立医大はお金を払えば誰でも入れるというのは聞いています。

      今後医師になるまでの労力に対して仕事がなくなるから人気がなくなるはずです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です