大学別対策

岩手医科大学医学部の数学の入試問題を過去問で対策するための説明

2021年09月17日

岩手医科大学対策

 

[chat face=”iwateikadaigaku_bennkyouwogannbaru.png” name=”岩手医科大学の受験生” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]

岩手医科大学医学部の対策はどうしよう?
ネットで調べても表面的なことしか書かれてなくてどう対策をすればいいんだろう。
[/chat]

 

といった疑問に当サイト(数がく部)の管理人uheiがお答えします。

医学部受験予備校に行ってなかったら表向きの情報しかネットにはないので対策のしようがないですよね。

医学部受験予備校に行ってても情報を教えてくれない先生もいますが。

情報は少しでも多い方がいいので岩手医科大学の対策方法の私なりの説明をします。

この記事を見ることで医学部受験予備校に行かなくてよく他のサイトで岩手医科大学の対策を調べなくてもいいように私なりに細かく内容を書きます。

2014年〜2019年の問題を見て対策方法を説明しています。

前期の試験について書いています。

 

[box05 title=”この記事を読むことでわかる内容”]・問題構成
・現在の難易度と来年の難易度の予想
・どういう対策の仕方をすればいいか
・得点率
・浪人に寛容か?
・どの順番に解くかと時間配分
・解答の書き方
・どこの大学の過去問を使って練習するか?
・医学部受験予備校に行かないと知ることができない情報

[/box05]

 

[box04 title=”対象となる人”]岩手医科大学を受験する人[/box04]

 

高校生、浪人生で受験に向けた勉強のやり方が変わりますががむしゃらに勉強しても絶対に私立医学部は受かりません。

https://bakkagisaji.com/program/

https://bakkagisaji.com/next-exam/

 

 

2021年度の私立医学部の受験は今までとは変わるはず

2020年8月の段階でコロナウイルスの影響で2次試験を実施しない国立大学が出ています

私立医学部に関しては授業がオンラインになって教え子の話によると退学者が出ているみたいです。

授業料が異常に高いので第3波、4波が万が一出たら退学者がもっと出るはずです。

2021年度の入試は恐らく受験者が減るので倍率が下がるはずですが試験のやり方を変えたり出題範囲を変えるかもしれませんが数学に関しては今の所変更がありません。

問題の感じ的に現役生を重視しているのだと思いますがコロナウイルスによる受験者の現象で多浪もどんどん取るかもしれません

 

2021年度の入試変更点

2021年度の入試について岩手医科大学から情報がまだ出てないですが恐らく変わると思います。

変更点が出る場合は↓に情報が載るはずです。

https://www.imu-admission.jp/r03yokoku/

 

 

岩手医科大学の場所

〒020-0023 岩手県盛岡市内丸19−1

電話:019-651-5111

Google マップだと↓です。

 

 

 岩手医科大学の基本入試情報

 

試験科目と試験会場

数学(1次)数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(100)
理科(1次)「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2(200)
英語(1次)コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
2次面接
試験会場ここに詳しく説明されています

 

試験日程(一般)

出願期間12月7日(月)〜1月8日(金)
試験日(1次)1月20日(水)
試験日(2次)1月29日(金)
1月30日(土)
※どちらか1日を選択
合格発表2月3日(水)
出願方法郵送
定員78人
受験料60000円

 

学費

初年度に必要な費用9,400,000円
6年間に必要な費用34,400,000円

 

国家試験の合格状況(総数)

2019年74.1%
2018年77.3%
2017年76.8%
2016年84.3%
2015年88.9%

 

 

国家試験の合格状況(新卒)

2019年81.2%
2018年81.7%
2017年82.2%
2016年85.8%
2015年91.3%

それでは次のページから対策の解説です。