ゲーム

初代熱血硬派くにおくんは殴るだけのクソゲーすぎる

2022年11月30日

みなさんこんにちは、元予備校講師のいさじです。

最近レトロゲームをやるようになったのですがメルカリやヤフオクで探しては買っています。

初代熱血硬派くにおくんが子供の時に面白かった印象なので買ってある程度やりました。

でも途中でやめました。

理由は単純です。

敵がシューティングゲームかってくらい多すぎる。

↓を見てください、多いと思いますが自分1人に対して敵30人とかの時もありました。

シューティングゲームは1撃で倒せるからいいですよ。

でもこのゲームは敵が強すぎるのに回復アイテムが少ないからすぐに死にます。

攻撃方法は最初は殴るしかありません。

レベル制で5レベル位になったらジャンプキックができるようになりますが攻撃方法は殴るかジャンプキックしかなくて目的の場所まで移動して単調に敵を倒していくだけのゲームになります。

またバグも結構あってハマってそこから出る事ができなくなってリセットボタンを押してやり直しになったこともありました。

ストーリーも中身を考えてない感じがするので開発費を抑えたのだと思いますがこのゲームを知らない人は買わない方がいいです。

私はこのゲームいらないですから 笑

レトロゲームはストーリーがちゃんとしていて中身も考えてあるゲームが多くありますが(特にファミコンは)適当に作った感じのゲームも多くあるので有名でも注意しましょう。