勉強方法

医学部受験予備校講師が真剣に考えた大学受験の数学の演習用の参考書

9月以降の演習の参考書

 

演習したい受験生
演習したい受験生
さあこれから演習していかないといけないけとどうやろう?

 

といった疑問に当サイト(数がく部)の管理人でありある医学部受験予備校の看板講師講師のuheiがお答えします。

演習はしないとまず成績は上がらないのですが本屋に行くと参考書がいっぱいあってどんな参考書を使って演習すればいいか分からないですよね。

私が受験生の時はどれを使って演習すればいいのか分からなかったのですが中身を見てもいいか悪いか分からないので何となく「これかな?」と思った物を買って使っていました。

そして「これは買わない方がよかった」と後悔することがよくありましたが今はどの参考書で演習すればいいかはっきり分かるので説明します。

演習でどんな参考書を使えばいいか分からない人参考書を買って失敗することが多い人にこの記事を読んで欲しいです。

 

この記事を読むことで分かる内容

演習の必要性とどの参考書を使えばいいか。

 

対象となる人
  • どの参考書を使えばいいか分からない人
  • 参考書を買って失敗することが多い人

それでは説明します。

私は私立医学部受験の予備校で働いていますが参考書に対して「どこの私立医学を受ける人に向いているか」も説明します。

御三家やそこに相当する偏差値の関東の大学については触れませんのでご了承下さい。

それと数学Ⅲについて毎日演習した方がいい内容もあるのでその説明もします。

すでに「使わないな〜、いらないな〜」と思う参考書があると思いますが捨てるのはもったいないので↓のサイトで売るといいと思います。



大学受験の勉強は演習が絶対に必須になる

今からの説明は8月までちゃんと勉強した人が9月からする演習についてです。

あっこの記事を読んでいるのが8月じゃなくても対応していますのでこの記事を読むのをやめないで下さい。

役立つ情報も説明します。

8月まで勉強をしなくて今からする人は↓を見て下さい、このやり方しかないと思われる非常事態用の勉強のやり方を説明しています。

参考書は1種類で9月からでも間に合う大学受験の数学の勉強方法
参考書は1種類で9月からでも間に合う大学受験の数学の勉強方法 といった悩みに当サイト(数がく部)の管理人でありある医学部受験予備校の看板講師講師のuheiがお答えしま...

 

8月まで勉強した人はこうする

8月までちゃんと勉強した人やもう充分に勉強した人はは恐らくある程度の知識は付いているはずです。

知識があるだけだと模試や入試の問題を解く際に知識を使えないかもしれないので使う練習をしないといけません。

だから演習しないといけなく学校や予備校の演習授業の解説が多くて演習時間が少ない場合は参考書を買った方がいいですが↓です。

演習がいっぱいできる参考書を買いましょう。

問題量が多い問題集の事です。

問題量が少ない問題集でもいいですがそれだと何冊も買わないといけないのでお金がもったいないです。

 

どの参考書を使うかは演習で何をしたいかで変わる

サクシード数学、4STEPは解答があるならいいけど

高校生は学校で渡されるのでサクシード数学、4STEPを持っている人が多いはずです。

付属の解説を持ってるなら演習向きですが持ってないなら解答が分からない時にどうしようもなくなるので使わない方が無難です。

高校生だと学校が解答を預かっているかもしれませんが先生に言っても恐らく解答はもらえないでしょう。

どうしても使いたいならアマゾン、メルカリ、ヤフオクなどで答えが売ってあるので買うしかないです。

サクシード数学1+A―教科書傍用

 

改訂版 教科書傍用 サクシード 数学2+B〔ベクトル,数列〕

 

教科書傍用サクシード数学3

 

改訂版教科書傍用4STEP数学1+A

 

改訂版 教科書傍用 4STEP 数学2+B〔ベクトル,数列〕

 

改訂版4STEP数学3―教科書傍用

チョイスの説明は後ほどしていますが問題構成がチョイスみたいになっています。

分野ごとの参考書になっているのはそれぞれの分野の強化には使えますが問題が少ないので演習には向いてません

この参考書だけだとどこの私立医学部にも対応できないので他の参考書も一緒に使わないといけなくなります。

 

演習用で最強の参考書はFOCUS GOLDだと思う

Focus Gold 4th Edition 数学I+A

全分野の演習量を増やすには恐らくFOCUS GOLD  IA、ⅡB、Ⅲが演習に一番向いています。

解き方を覚える問題と考える力を付ける問題の両方が入っています。

解説の感じは黄色チャート、青色チャートと似ています。

これ1冊で受験に必要な情報はほとんど入っています。

 

問題はここまで解く

数学が苦手な人は星3までで十分です、星4までしてもいいですがの星4の中には難しいのもあるので答えを見て意味が分からなかったら飛ばしていいです。

星4の中にはこれは星5では?と感じる問題もあります。

私の感覚では青色チャートより難しい気がします。

 

問題が全部解ければこうなる

これがスラスラ解ければ大体の私立医学部は間違いなく受かります。

医学部じゃない学部でも旧帝大も対応できる大学が出てきます。

FOCUS GOLDの中身FOCUS GOLDの問題

 

 

難易度で対応できる私立医大が変わりますが↓の通りです。

星3まで久留米大学、埼玉医科大学、川崎医科大学、金沢医科大学、帝京大学
星4まで
(難しすぎる問題を除く)
福岡大学、岩手医科大学、東北医科薬科大学、聖マリアンナ医科大学、北里大学、獨協医科大学、近畿大学、東海大学、愛知医科大学
星4全てまで大阪医科大学、関西医科大学、兵庫医科大学、藤田医科大学、産業医科大学、杏林大学

 

特定の分野を集中的に演習したいなら予備校講師が書いた参考書

苦手な分野の力を入れたい人は予備校講師が書いている参考書があるのでそれを使えばいいです。

予備校講師が書いている参考書の場合は著者が重要と思う問題が載っているので入試に必要な問題が入っているはずです。

だから成績が上がるのに効果的な学習が出来ると思います。

 

こういうのを買うといい

解き方ごとに問題が載っているはずですが1問解いても解き方をつかめないので同じ解き方をする問題が2問はある問題集にしましょう。

これは解答を見て確認すればいいです。

 

同じ解き方をする練習をしたいならチョイスだけど注意点もある。

チョイス新標準問題集数学3 (河合塾シリーズ)

恐らく同じ解き方をする練習ができる様な問題構成がされていてA問題とB問題がありB問題の方が難しいです。

チョイスですが悪い点もあり数学ⅠA、Ⅱ、B、Ⅲで著者が違いますがⅠAとⅡ内容がダメ圧倒的にダメです。

IAは内容が新課程に対応していないです。

「データの分析」が入っていません。

条件付き確率は入っていますが入試で見たことがなくて必要かが分からない「これは何?」みたいな問題が入っています。

Ⅱは問題の難易度が低過ぎます。

1番難しい問題で黄色チャートのコンパス3位の印象です。

 

BとⅢはおすすめ

BとⅢは問題構成がしっかりしていて凄くおすすめです。

A問題だけできても対応できる大学はないですがB問題までできると対応できる大学は↓となります。

福岡大学、久留米大学、産業医科大学、川崎医科大学、藤田医科大学、愛知医科大学、近畿大学、帝京大学、獨協医科大学、聖マリアンナ医科大学、北里大学、東海大学、東北医科薬科大学、金沢医科大学、岩手医科大学。

チョイスを詳しく評価している記事を投稿していますのでそれを読めば使うべき物とそうでない物がはっきり分かります。

大学受験におすすめの参考書チョイスを説明
大学受験の高校数学の参考書チョイスは使う価値があるか厳しく評価 といった疑問に当サイト(数がく部)の管理人であり医学部受験予備校講師のuheiがお答えします。 問...

 

考える力を付けたいなら(理系数学、文系数学の)プラチカだけど注意点があり

文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 4)

(理系数学、文系数学の)プラチカは考える練習にはいいですが問題量は少ないです。

数学Ⅲに関しては「これは覚えないと解けないのでは?」思う問題がちらちらあります。

ですがプラチカは問題の解き方を覚えるというより考える力を付ける練習用なので覚えることはよくないです。

考える力を付けたいならお勧めです。

これで対応できる大学は↓です。

福岡大学、久留米大学、産業医科大学、川崎医科大学、藤田医科大学、愛知医科大学、大阪医科大学、兵庫医科大学、関西医科大学、近畿大学、杏林大学、帝京大学、獨協医科大学、聖マリアンナ医科大学、北里大学、東海大学、東北医科薬科大学、金沢医科大学、岩手医科大学。

 

同じ解き方をする練習をして考える力も付けたいなら大学への数学1対1対応

1対1対応の演習/数学A 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

各ページの上に問題があって下に練習問題があります。

FOCUS GOLDやチャートみたいになっています。

考える力を付けるのと同じ解き方をする練習ができます。

おすすめの参考書大学への数学1対1対応の中身

 

対応できる大学は↓です。

福岡大学、久留米大学、産業医科大学、川崎医科大学、藤田医科大学、愛知医科大学、大阪医科大学、兵庫医科大学、関西医科大学、近畿大学、杏林大学、帝京大学、獨協医科大学、聖マリアンナ医科大学、北里大学、東海大学、東北医科薬科大学、金沢医科大学、岩手医科大学。

欠点は分野ごとに買わないといけないので全分野買うとお金がかなりかかります。

 

計算力だけを上げるならカルキュール数学

カルキュール 数学I・A [基礎力・計算力アップ問題集] (駿台受験シリーズ) 改訂版

私立医学部では計算ミスをなくすのは相当大事で2点3点正規合格と補欠合格が分かれるのですがカルキュール数学がおすすめです。

 

注意点

時々解答が間違っているので注意が必要です。

考える問題ではなくただ作業の様に計算する問題ばかり入っているので計算力を上げるのに向いていて問題量も多いです。

これは計算用なのでこれだけ使っても私立医学部には対応できません。

解答は考え方がなくただ答えだけの印象です。

 

カルキュール数学の中身カルキュール数学の問題

 

カルキュール数学の中身2カルキュール数学の問題

 

カルキュール数学の解答カルキュール数学の解答、ほとんど答えのみで計算用って感じ

 

 

基本を確認しつつ演習したいならチェックアンドリピート

Z会数学基礎問題集 数学III チェック&リピート 改訂第2版 (Z会数学基礎問題集 チェック&リピート)

難易度は割と簡単です。

考え方と解答があるので考える力を付けたいけどいきなりFOCUS GOLDの問題を解くのが不安な人に向いていると思います。

だからこれでは私立医学部に対応できないです。

他の参考書も一緒に使わないといけません。

チェックアンドリピートは考え方と解説が付いています。

チェックアンドリピートの中身チェックアンドリピートの問題

 

チェックアンドリピートの考え方チェックアンドリピートの問題の解説

 

チェックアンドリピートの考え方チェックアンドリピートの解答

 

演習したい受験生
演習したい受験生
基本の確認用ですね。

 

教科書レベルの基本の内容のみの演習したいならこれでわかる数学

これでわかる 数学III 新課程版 (シグマベスト)

これは簡単です。

黄色チャートのコンパス3までを解いた段階でこの問題集を使えば復習になっていいと思うので黄色チャートと一緒に使うと効果的です。

だからこれでは私立医学部に対応できないです。

 

これで分かる数学の中身これでわかる数学の問題

 

次は演習と関係ないけど毎日勉強した方がいい内容です、受験には超重要です
1 2