その他

予備校講師の仕事は収入的に超不安定

2021年10月19日

予備校講師って東進の林先生がテレビに出ていますがすごーい人の印象があって私生活はいい生活を送ってるんだろうという印象かもしれませんがそんな講師は恐らく95%(もっとかも)いないです。

予備校講師の仕事は収入が超不安定で収入的にヤバい仕事で私としてはまともな人間のする仕事ではないと思います。

1、2、3月は収入がほぼない

共通テストが始まるとほとんど授業がなくなるからほぼ収入がなくなります。

特に私立医学部受験の予備校だと受験がすぐ始まって生徒はホテル生活なので授業がなくなります。

高校1、2年の授業を受け持っていたら収入がありますがそれでも4月以降みたいに収入はありません。

1、2年は1つの予備校で10人いたらいい方で1人が複数科目の授業を取ることはあまりないので1人の先生の収入はめっちゃ下がります。

多分週に2コマとかなので1ヶ月の給料は5万あるかないか分からない位だと思います。

4月から授業があるかの保証がない

これが本当にヤバいです。

ある講師の話だから不確定ですがどこの予備校もどの講師に授業を振るかを決める人がいていい加減な授業の振り方をします。(中には大学受験のことを全く知らない人もいます)

予備校講師は普通3ヶ所、4ヶ所と働く所の掛け持ちをしますが私は2013年から予備校講師を始めて2016年の2月にその年の4月以降のほとんどの予備校授業が全て0になる事が判明しました。

何となく私の授業を0にしたみたのをある馬鹿な職員が私の前で口を滑らせて発覚しました。

酷いですよね、こういう馬鹿が予備校業界は結構います。

転職を考える

その時は経験が浅かったから全部の予備校の給料を合わせて月に40万くらいだったと思いますがいきなり0になるから「この職業はその内辞めないとまずい」と考えました。

地元に医学部受験の予備校ができたのでそこに戻って収入はそれなりに戻りました。(40万よりは少ないです)

そして授業が増えていき月給が最高で60万位になったと思います。

でも最初から次の仕事を辞める事を考えていたので2019年から転職のための行動をして2020年から転職に向けて他の仕事もしています。

昔の予備校の仕事スタイルが今は通用しない

あるベテランの講師が昔は(いつのことか分からないですが2000年辺りだと思います)1、2、3月の収入が少なくても4月以降が忙しいから問題ないと言ってました。

でも今(2021年)は生徒が少な過ぎるので4月以降の授業はいっぱいありすぎて忙しいとかまずないです。

たった1つの授業のために片道1時間半かけて校舎に行く人もいます。

だから1、2、3月の収入が5万とかだと生活が破綻します。

生徒の引き抜きを平気でする

医学部受験の予備校って1つの科目の1回の授業料が2万円を超える所がザラにあります。

現役生が特にそうですがお金がかかりすぎるので保護者が複数科目を取らせようとしない場合が多いです。

私が見た限りですが現役生の場合は一般家庭の生徒が割といてその場合は苦手な科目1つになります。

全ての予備校講師がこんな事をする訳ではないですが生徒に個人的に授業をしようかみたいに言う人がいます。(都市部の講師に多いです)

直接授業をすると講師は給料が時給1万とかに上がり保護者は授業料が半分位になるからwinwinの関係になります。

以前福岡県に住んでいた時にこんな講師がいーっぱいいました。

当たり前ですがこの行為は引き抜きと言って予備校業界的にNGです。

予備校に見つからないようにやってもその内絶対に発覚します。

講師の収入が減っているからするのでしょう。

身近にいた引き抜き講師

私の身近なある講師が自分が受け持っている全ての生徒に個人的な授業の話を持ちかけて予備校をクビになりました。

小さい子供が2人いたのですがこれから先どうやって暮らしていくんだろう?って感じです。

そして他の予備校で働いてそこでも引き抜きをしています。(他の講師の情報です)

馬鹿ですよね、その内その人がいる地域の全ての予備校で働けなくなったら生活ができなくなります。

現在大手も含めてどの予備校も少子化で潰れかけていてみんな必死で授業を確保しているのでいい暮らしをしてる人はほとんどいないはずです。

これが、予備校講師の現実ですが生徒は授業料が高いから講師の給料も高いと勘違いします。

講師の給料は大体授業料の3分の1位なので安いです。