その他

予備校講師になってはいけない、年収が激減する。大手の講師も危険。

予備校講師は末期職業なのでならない方がいい

 

予備校講師は絶対になってはいけない職業

 

ある大学生
ある大学生

予備校講師って給料が良さそうだな〜
なりたいな〜
でも若い人が全然いないけどなぜだろう?

 

こういう生徒が時々いますが予備校講師って華やかそうですよね。

実際は全く違って仕事の量的に末期的ということに当サイト(数がく部)の管理人でありある医学部受験予備校の看板講師講師のuheiがお答えします。

予備校講師の仕事は収入的にいかに危険で今後絶対にならない方がいいかの説明をします。

これから予備校講師になりたい人がいたらこの記事を読んで考えを変えて欲しいです。

この記事を読むことでわかる内容

予備校講師の仕事はいかに将来性がないか

 

対象となる人

予備校講師に興味がある、なりたいと思う人

それでは説明します。

 

予備校講師の仕事は現在進行形で減っている

現在子供がどんどん減っていて都市部も同じ状況です。

2012年に予備校業界に入った時は関西にいましたが大阪で既に仕事が全然ない状態でした。

2006年辺りから子供が減っているのは他の先生から聞いていたのですが「こんなに仕事がないんだ〜」って思いました。

 

医学部受験じゃない予備校はほとんどなかった

医学部じゃない学部向けの塾や予備校がほぼなくて9割近くが医学部受験の予備校でした。

塾や予備校の先生は基本的に非常勤なのですが医学部受験じゃない塾や予備校は社員が基本授業するので非常勤の仕事はネットでは見つかりませんでした。

ホームページがない所は他の先生から紹介して貰って働くらしいです。

 

フランチャイズの塾で働いても生活できない

じゃあフランチャイズで働けばってなるかもしれないですが給料が安すぎるんです。

先生で給料が違いますが私の場合はフランチャイズの時給が予備校の\(\frac{1}{3}\)位でした。

ちなみに予備校は大手で時給4000円とかです。(最近代ゼミの求人を見た時の金額がそれ位でした)

細かく探せばあるのかもしれないですが他の先生の紹介じゃないとまず働けないのをあとで知りました。

仕事を始めた頃は仕事がほとんどないのでコンビニのバイトもしてましたが次の年も仕事がなかったら予備校講師を辞めようと思っていました。

たまたま医学部受験予備校で働けて現在も予備校で仕事をしています。

 

大都市で仕事がないから他の地域はもっとないのでは?

都市部の大阪でひどい状況なので地方はもっと仕事がないはずです。

関東なら人が多いので現在も仕事自体はあるみたいですが講師が多すぎるので一人一人の先生の授業数は減っているみたいです。

 

さらに仕事が減った事に気がついた

某医学部受験予備校で働けたので仕事を続けて関西で2015年度まで働きましたが2016年になって明らかに子供が減って仕事が減ることがはっきり分かりました。

イメージで元々子供が1000人いるとして400人に減った感じです。

 

大阪は貧富の差が激しいからと思ったのは勘違いだった

これはマズイと思い地元(都市部)に引越しをしました。

大阪は貧富の差が激しいので塾や予備校に行きたいけど金銭的に無理な家庭が多くて仕事が減っていると最初は思っていたのですが大きな間違いでした。

 

どこの地域でも予備校は同じ状況

地元は最初は仕事があったのですが2019年になって2015年より生徒が明らかに減ったのを実感しました。

子供の出生率がこう減っています。

2016年97万人
2017年94万人
2018年91万人
2019年86万人

 

子供の数が減る以上に予備校に来る人が減っている

私の体感はもっと減っている感じがしてイメージで子供が400人いるのが200人に減った感じです。

子供の数は減っているのに塾や予備校は増えていて生徒の取り合いになっているので生徒が分散して仕事が減っています。

 

対策を何も考えない予備校が多い

そうなると予備校は普通は他ではしてない自分の所のオリジナルのやり方をしないといけないです。

でも予備校の運営って意外とそうではない所が多いです。

でも今までと同じやり方をして他の予備校や塾と差別化を図ることを一切しないので徐々に生徒が減ってます。

でも先生は減っていないのでどこの予備校も先生が余っている状態で働きたくても働くことができません。

 

今まで何もしなくても生徒が来てたからどうすればいいか分からないのかも

他の先生と予備校の生徒が減っている話になっても「何ででしょうね〜」っていうので「何も考えてないんだな〜」って思います。

自分の所でしかできないことをすれば生徒が来ると思うのですが。

予備校業界は50代、60代、70代が多いので新しいことをするのを嫌う印象です。

もしかしたら今まで生徒を獲得するための対策をしなくても生徒が来ていたからどうすれば生徒が増えるか分からないのかもしれません。

今の段階で経営難になり潰れる所が出ていますが今後ますます増えると思います。

 

給料未払いの所もある

私の知り合いの予備校講師が以前働いていた医学部受験予備校は給料未払いで潰れる寸前です。

このことに関して以前記事を投稿していますがまあ酷かったです。

福岡の詐欺医学部受験予備校
ある地域の絶対行ってはいけない倒産寸前の詐欺医学部受験予備校都市部にある医学部受験予備校で倒産寸前の所があるから注意 当サイト(数がく部)の管理人uheiの友達の先生が働いている予備校の...

 

授業料を下げた予備校は潰れる手前

私が住んでいる県では授業料を下げているのに医学部受験予備校が潰れ始めています。

親が医師の場合授業料を下げている所は子供を通わせないみたいです。

授業料が下がることに危険な感じを察知するのかもしれません。

 

今後の予備校業界はもっとヤバくなる

それとベテランの先生は↓と言ってます。

共通テストが始まると個別じゃないと対応できなくなり大手も潰れる運命をたどるだろう。

2020年のオリンピック以降予備校業界が危険な状態になると思うよ

危険を察知することに関して信頼できる人が言ってるので私も相当警戒しています。

私が知らない他の先生と予備校業界の今後について話しているみたいです。

次は経営者についてです
1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です